”社会教育がこれから先の日本のライフラインになる”【社会教育士応援大使任命式】
見出し画像

”社会教育がこれから先の日本のライフラインになる”【社会教育士応援大使任命式】

~村井美樹さんを「社会教育士応援大使」に任命~

社会教育士制度をより多くの人に知っていただき、広く活用していただくため、令和3年8月19日(木)、俳優・タレントの村井美樹さんを「社会教育士応援大使」として、萩生田文部科学大臣より任命し、同日、文部科学省大臣室において、社会教育士応援大使の任命式を実施しました。

任命式では萩生田文部科学大臣が挨拶を行い、学びを通じた「ひとづくり」・「つながりづくり」・「地域づくり」の実現に向け、社会教育士の活躍を促進する取組を進めていることを説明し、テレビ番組など幅広い分野で活躍されている村井美樹さんのお力をお借りすることで、より効果的かつ強力に、今後の活躍が期待される社会教育士の活動内容を発信していきたいと話しました。

画像5

また、村井さんについて、「社会教育主事養成課程の修了者で、学芸員の有資格者であり、また、子供の読書キャンペーンにおける『子供たちへの
おすすめ本の紹介』にも協力をいただくなど、社会教育に関する見識を備えた方である」と紹介し、「今後、様々な場面でお力を貸していただきたい」
と述べました。

画像5


社会教育がこれから先の日本のライフラインになる

【応援大使就任あいさつ全文】

このような大事なお仕事を任せていただき大変光栄に思います。もう20年ほど前になりますが大学時代に社会教育を学びました。その時と今と比べると、より切実なものとして社会教育が必要とされてきていると感じています。

★②村井さん 一人

その理由の一つとしてはやはり東日本大震災や西日本豪雨などの大きな災害があると思っています。日本は災害が多い国です。今も豪雨で多くの方々が被害に遭われています。大きな災害においては、ハード面だけでなく、最終的にはソフト面、地域の人たちの助け合いや支え合いがなければそれを乗り越えていくことはできません。こういった人と人とのつながりの土壌を作っていくのが社会教育であり、私は社会教育がこれから先の日本のライフラインになると考えています。

社会教育士制度が新しくできたことで、防災、福祉、子育て、多文化共生、まちづくりなど幅広い分野でより実践的に社会教育活動を行えるようになりました。私も応援大使として、もう一度社会教育を学びなおし、発信していくことでみなさまに社会教育の大切さをお伝えしていきたいと考えています。生きることは学ぶことです。私もまだまだ学びの途中ですけども精一杯努めさせていただきます。

村井美樹さん プロフィール
俳優・タレント 出身地・京都府 
早稲田大学教育学部を卒業。
テレビ番組のコメンテーターやレポーター、また、クイズ番組や漢字に強い高学歴知性派タレントとして活躍。鉄道ファン・歴史好きで旅番組や歴史番組にも多数出演。
社会教育主事養成課程の修了者。学芸員有資格者。

「社会教育士応援大使」の活動について

「社会教育士応援大使」には、社会教育士制度をより多くの人に知っていただき、広く活用していただくため、広報やイベントに協力いただく予定です。また、社会教育の振興等に関わる文部科学省の様々な取組も応援していただく予定です。

画像4

任命式同日、文部科学省で開催した「こども霞が関見学デー」において、社会教育士応援大使の活動の一環として、実地プログラムを紹介する動画撮影に出演・協力いただきました。

今後も、地域の公民館や図書館など社会教育・生涯学習に関する様々なイベントへの参加や活動の取材など広報活動に協力いただく予定です。



★社会教育士について、詳しくはコチラ⇩


また見てくださいね!
「社会教育士」の活躍紹介を中心に、全国の社会教育現場や社会教育に関わる人など、「社会教育」について様々な角度からお届けします! 【HP】https://www.mext.go.jp/a_menu/01_l/08052911/mext_00667.html